ビタミンC誘導体 乳液 化粧水 どっち

ビタミンC誘導体コスメは乳液と化粧水どちらをつけるべきか?

毛穴ケアにはビタミンC誘導体がいいって言うけど、そもそもビタミンC誘導体コスメって化粧水に美容液、乳液にクリームと、いろんな種類がありますよね。

 

なかでも特に多いのが、化粧水と乳液。美白化粧品として販売されているものがあったりして、本当に迷ってしまいますよね。

 

では、ビタミンC誘導体の毛穴への効果を考えたとき、化粧水と乳液のどっちを選んだらいいのでしょうか?どちらのほうが、毛穴に対して使う意味があるのでしょうか?

毛穴ケアにビタミンC誘導体を取り入れるなら化粧水を選ぶべし

結論を言いますと、毛穴ケアにビタミンC誘導体を取り入れるなら、だんぜん化粧水です。乳液よりも化粧水を選びましょう。

 

「美容液は?」という意見もありますが、実は美容液にはハッキリとした定義がありません。化粧水にくらべて、高級な美容成分や保湿成分が入っているくらいで、基本構成や成り立ちは化粧水とほとんど同じなのです。

 

では、なぜ乳液よりも化粧水のほうがいいのでしょうか?それは、化粧水のほうがより効率的にビタミンC誘導体をお肌に届けられるからです。

 

原則として、基礎化粧品をつける順番は水っぽいもの(つまり、油分が少ないもの)から先につけるのが鉄則です。具体的には、

 

化粧水→乳液→クリーム

 

だいたいこのような順番でスキンケアをしていると思います。

 

これは、油分の多い乳液やクリームを先につけてしまうと、肌表面に膜を張ってしまい、その後につけるものの浸透を妨げてしまうから。無駄のない効果的なスキンケアというものを考えた、実に理にかなった順番なわけです。

 

さて、ビタミンC誘導体コスメに化粧水を選んだ場合は、当然、次のような流れになります。

 

ビタミンC誘導体入り化粧水→乳液→クリーム

 

これなら洗顔後、一番最初につける化粧水でビタミンC誘導体をお肌に届けられます。浸透を妨げるものはないし、洗顔によってよけいな皮脂や古い角質が落ちた肌は、ビタミンC誘導体をぐんぐんと吸収してくれます。

 

では、ビタミンC誘導体コスメに乳液を選んでしまった場合はどうでしょうか?

 

化粧水→ビタミンC誘導体入り乳液→クリーム

 

この場合、化粧水に被膜効果のある成分が多く含まれていると、それが浸透を邪魔してしまう可能性があります。特に、しっとり感が強い化粧水は注意ですね。

 

さらに、乳液には油性成分が配合されていますから、場合によってはその油が、ビタミンC誘導体の肌への移行を妨げてしまうことも考えられます。

 

これが、ビタミンC誘導体を取り入れるなら化粧水を選んだ方がいい理由です。

 

乳液は、あくまでお肌に成分を閉じ込めるという役割で使用し、ビタミンC誘導体を与えることは化粧水に任せましょう。