毛穴の開き ビタミンC誘導体 効かない

毛穴の開きにビタミンC誘導体が効かない!その理由と対処法を解説

インナードライによる皮脂の分泌で、毛穴の開きが目立っていませんか?

 

  • 朝、ばっちりメイクをしても、午後になると化粧くずれで毛穴が目立ってしまう
  • 鼻や頬の毛穴に、ファンデーションが毛穴落ちしてしまう
  • 仕事で他の社員さんに毛穴を見られていると思うと、恥ずかしくて目を合わせて会話できない

 

そんな毛穴の開きにはビタミンC誘導体がいいと知り、ワラにもすがる思いで化粧水を試してみた。でも・・・、効果がない。それはもう、あらゆる化粧品を使ってみたのに、毛穴は一向に良くならない。

 

もしかしたらあなたも、こんな悩みを持っているかもしれませんね。

 

ここでは、ビタミンC誘導体が毛穴の開きに効かないケースと、私が実際に使って効果を実感できたビタミンC誘導体の化粧水をご紹介していきます。

 

今まで毛穴ケアを一生懸命してきたのにちっとも良くならないというあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

ビタミンC誘導体が毛穴の開きに効かない3つのケース

1.遺伝からくる毛穴の開きを何とかしようとしていた

実は、毛穴の大きさというのは個人差があり、先天的なサイズは遺伝によって決まってしまいます。遺伝ですからスキンケアではどうしようもなく、こればかりはもともと小さい人がラッキーということですね。

 

ビタミンC誘導体を使っても効果を感じられなかった人は、生まれつき決められた毛穴サイズをもっと小さくしたいという期待感によるもの。さすがのビタミンC誘導体でも、これは難しいです。

 

ただ、後天的な要素、たとえば肌にダメージを与えるような洗顔を繰り返して開いてしまった毛穴は、スキンケアである程度は改善できます。もちろん、遺伝で決められたあなた本来の毛穴サイズより小さくなることはありませんが、試してみる価値はあるでしょう。

 

 

2.浸透性が低いビタミンC誘導体の化粧水を使っていた

ドラッグストアなどに売っているビタミンC誘導体化粧水の多くは、「水溶性ビタミンC誘導体」や「油溶性ビタミンC誘導体」を採用しています。

 

成分名としては、リン酸アスコルビルNa(水溶性)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性)などが該当します。

 

水溶性も油溶性もけっしてダメではないのですが、やはり多くの人が「もっと浸透性の高いビタミンC誘導体を!」と願うのは当然ですよね。

 

そんな流れから、現在では「両親媒性ビタミンC誘導体」というものが主流となっています。別名、「APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)」と呼ばれるものです。

 

APPSは皮膚浸透性にとても優れており、既存のビタミンC誘導体の約100倍とも言われています。皮脂と相性のいい構造をしているため、まるで皮脂に引っ張られるかのように浸透することから、イオン導入クラスのAPPSと表現されます。

 

現在主流のAPPSにくらべれば、水溶性/油溶性ビタミンC誘導体の浸透力は劣ります。どうしても肌の浅いところでしか効果を発揮しないため、毛穴の開きには期待できません。

 

 

3.保湿力が弱いビタミンC誘導体の化粧水を使っていた

ビタミンCのもつ作用の一つに、皮脂分泌の抑制があります。よけいな皮脂を出さないようにコントロールする作用ですね。

 

皮脂を抑える作用はニキビなどには効果的ですが、反面、強い乾燥肌の人がつけるとよけいにカサついたり、ゴワゴワしてしまうことがあります。

 

毛穴の開きは、乾燥してお肌のキメが粗くなるとよけいに目立ちますので、保湿力が弱いビタミンC誘導体化粧水はNGなのです。

毛穴の開きにビタミンC誘導体の化粧水を使うときは以下の点に注意する

  • APPSを採用している化粧水を選ぶ
  • APPSと一緒に保湿成分が多く入っているものを選ぶ

 

この条件を満たしたビタミンC誘導体の化粧水は、もちろん存在します。

 

以下に、私が実際に使って効果を実感できたものをランキング形式でご紹介します。

毛穴の開きに効果が期待できるAPPS化粧水ランキング

サイクルプラス エンリッチローション
APPS配合化粧水の定番中の定番。多くのメディアでも高評価なのがその証でしょう。

 

浸透性はもちろんのこと、5種類のヒアルロン酸、EGF/FGF様ペプチド、ビタミンE誘導体といった保湿成分配合なので、乾燥をおそれず毛穴ケアできます。

 

低価格で続けやすいところも毛穴ケアには重要なポイント。

現品価格 容量 毛穴ケア評価
3,024円(税込) 80ml 毛穴の開き,ビタミンC誘導体,効かない,原因,理由

 

 

ビューティーモール APPS+E(TPNa)+アルファ
美魔女に人気のビューティーモール。そのビューティーモールの化粧水で、APPS配合なのがこのローションです。

 

ビタミンC誘導体による乾燥を防ぐ保湿成分が豊富に含まれているため、使用感は申しぶんありません。

 

ただ、サイクルプラスにくらべて値段が高いのが欠点。毛穴ケアは地道に続けないとなかなか効果が出ないため、この価格では続けにくい。

現品価格 容量 毛穴ケア評価
6,480円(税込) 100ml 毛穴の開き,ビタミンC誘導体,効かない,原因,理由

 

 

プリモディーネ シーバムコントロールVCローションU
一応、APPS配合化粧水ですが、上記2商品にくらべて配合量は少なめ。

 

代わりに、「Amitose 3GA」という新しいビタミンC誘導体を配合…していますが、他社で採用しているところはまだ少なく、効果が未知数なんですよね。

 

プリモディーネはもともとニキビ予防のための化粧水なので、使用感がサッパリしています。成分的に見ても保湿力はいくぶん弱いため、極度の乾燥肌・敏感肌さんには向かないかもしれません。

現品価格 容量 毛穴ケア評価
5,400円(税込) 100ml 毛穴の開き,ビタミンC誘導体,効かない,原因,理由